PCMAX(出会い系サイト)にはいろいろな職業の女性が登録しています。

今回は僕が岡山県岡山市で出会った巨乳で美人秘書のまなみさん(仮名)とタダマンした体験談を話せてもらいます。

 

秘書と聞くと、僕はすっかりアダルトビデオに出てくるような色気漂うお姉さんと言った雰囲気をすぐに連想してしまいます。

それくらい秘書という職業の人とは馴染みが無く、新鮮な気持ちになれました。

エロリーエロリー

今回は加藤さんから体験談を提供してもらったよ!


体験談用

フリーターとかOL、水商売、看護師の人はよく出会えますが、秘書は珍しくてテンションあがった!

出会い系PCMAXで秘書のまなみさん(25)と出会う

出会い系サイトでやり取りしていると、やたらと食い付きがいい女性が一人いて、その人はプロフィール写真が動物の写真でした。

プロフィールの所に自分の顔写真を載せないタイプは地雷(外れ)が多いという経験則で、そこまで深入りせずにやりとりしていたのですが、あまりに返信が速いので、思い切って飲みに行こうと誘うと、「いいよ〜」との即レス。

 

あっけないまでに会う約束をこぎつけることに成功し、逆に不安になるくらいにすんなり日程も決まります。

 

もしや誰からも相手されないような、とんでもないルックスの持ち主なのではと心配になり、LINEにて写真を送ってもらうことにしました。

 

写真を送ってもらうように頼むと、「え〜、◯◯さんも送って下さいよ?」と少し恥ずかしそうに躊躇う様子だったので、僕はすぐさま自分の写真を送ります。

 

こういった時は先に送ってあげると、相手の警戒心を解けるのと同時に、自分の顔をあらかじめ相手に知らしめておきます。

もしこれで相手が普通に返信してきたりすれば、自分のルックスは相手の女性にとって合格点を超えてると判断しても大丈夫です。

 

つまり女性は、顔がタイプでないと、やり取りしている時間すら勿体ないと感じるのです。イケメンでないとダメというわけではありませんが、誰にでも好みのタイプというものがありますので、なるべく早く好みを見極めましょう。

警戒心が強い女性

こちらから写真を送り、無事に問題なかったようなので、相手の女性からも写真を送ってもらいました。

横顔の写真でしたが、目は若干切れ長で丸顔の美人さんでした。

なぜプロフィール写真にこういう写真を載せないのだろうと疑問に思いながらも、合う予定だった当日を迎えました。

 

待ち合わせ場所に時間ぴったりくらいに到着し、オシャレなワインバル『ホンマチバルお肉とワイン』へ向かいます。

ホンマチバルお肉とワイン(食べログ)

 

加藤:まなみさんは思ったより真面目そうな印象ですね。何のお仕事をされてるんですか?

まなみ:真面目ですか(笑)。私は秘書のお仕事してます。

加藤:ええ!すごいですね!

まなみ:何もすごくないですよ。ただ言われたことやってるだけですから。

 

初めて会った秘書という人種。

何とも言えない妖艶な雰囲気というか大人の女性というか、落ち着いた雰囲気は秘書だから醸し出せるものなのかもしれません。

普段は10代や20代前半の若い女の子とばかり遊んでいる僕に取ってはレアケースなので、それだけでも新鮮でウキウキしっ放しでした。

こういう人はモテるだろうなぁと思い、失礼ながらもお酒が進んだことで色々と突っ込んだ質問をしまくります。

 

加藤:まなみちゃんってモテるよね?結構出会い系サイトで会ってるんじゃない?

まなみ:いや、それが変なおじさんにばかり出会うんですよ。

加藤:あ〜、なんか分かる気がする。おじさま受け良さそう。

まなみ:でもそういう人って、だいたい遊び目的じゃないですか?だからいつも断ってます。

加藤:ええ!会って遊んだりとかはしないの?

まなみ:しませんよ(笑)だってそういうの嫌なんですもん。

加藤:じゃあ、僕とはなんで会ってくれたのかな?

まなみ:う〜〜ん、なんでだろ(笑)

 

聞けば半年くらい男遊びをしておらず、若い時に遊びまくって反省しているんだそう。

次こそはしっかりしようという気持ちで臨んでいるものの、出会い系サイトを利用したり、今回のようにズルズル会ってしまったりするみたいでした。

 

秘書ってもっときっちりしているもんだと思ってましたが、案外異性との交遊に関しては緩いのかもしれません。

美人秘書はぶりっ子?!

とはいえ最近めっきりご無沙汰なようで、お酒が進むと徐々にエロい感じになっていきます。

会話の節々に見せるセクシーボイスに、意地悪なことを言われると凹む仕草など、おそらく仕事中には見せないんだろうなぁという無防備な姿を見せてくれます。

 

加藤:まなみちゃんって、結構男好きそうだよね。

まなみ:なんでそんな風に思うの?

加藤:いや、なんとなく(笑)

まなみ「もぉ〜、そんなことないですぅ!

 

ほほを膨らませて怒った表情で見つめてくるまなみさん。エッチの時にもそういうキャラクターであれば、色々と楽しいプレイが期待できそうです。

また、一見Mに見えますが、所々で僕もいじられたりすることがあり、本人曰くかなりのSなんだそうです。

 

折角のオシャレなワインバルにもかかわらず性癖について語り合う二人、ここまでくればお互いの気持ちも高まり、考えることはただ一つです。

美人秘書の一人暮らし部屋へ突撃

お互いの性癖や過去の恋愛話などを曝け出し、残すところはエッチのみとなった所で、いつも通りホテルに誘おうと思っていると、まなみさんから意外な一言が。

 

まなみ:私の家、ここから一駅なんだけど良かったら来ない?

加藤:マジで??是非!

まなみ:あまり広くないけどね。

加藤:大丈夫!僕狭くても汚くても気にならないタイプなんで。

まなみ:勝手に部屋が汚い前提にしないでくれる?(笑)

 

なんと職場の近くの部屋にお邪魔させて頂くことになりました。独身女性の秘書がどんな部屋に住んでいるのかワクワクしながら入ると、広めの1LDKで、あまり物が置いてないシンプルな内装のお部屋。

ちょっと良さげなベッドに布団が敷いてあり、リビングに大きなソファが置いていたので堂々とくつろぎました。

 

まなみ:なんで家主の私よりくつろいでるの(笑)

加藤:いや、もう僕の家だから。

まなみ:やだぁ〜、どいて〜!!

 

腕をつかまれたので、まなみさんの腰をつかんでソファの方に引き寄せると、「きゃっ」とセクシーボイスが漏れたので、一気に抱き寄せて強引にキスします。

最初は「ちょっと!」と抵抗してましたが、徐々に目がトロンとしてきて、次第に相手から舌をからませてくるように。

 

さすがは25歳の秘書、かつての遊んだ経験は健在で、舌使いがかなりいやらしく吸ったり舐め回したりを繰り返してきます。

すっかりエンジンがかかったようで、僕の耳や首筋を噛んでくるのですが、吐息が漏れて余計興奮に拍車がかかります。

 

まなみ:あたしね…噛み癖あるから。

加藤:甘噛みで(笑)

 

そこからはお腹や乳首、アソコまで色々噛まれまくり、ヒリヒリすると同時にアソコもビンビンです。

次はこちらの攻撃のターンということで、逆に首筋を攻め、おっぱいを舐め回すと、今まで以上にいやらしい声で喘ぐまなみさん。

Eカップのおっぱいを揺らしながら喘ぎ、普段は真面目に秘書をしている女性が乱れ狂う姿は、何とも言えない至福の感情をもたらしてくれます。

とろっとろに濡れたまんこを弄り、むしゃぶりつくすようにクンニをして、ゴムを付けようとすると、僕の指をくわえてきます。

 

加藤:何やってんの(笑)

まなみ:指舐めたいの。

 

そういって僕の指をじゅぽじゅぽと咥えて、舌でくるくると舐め回してくるので、指を上下に動かすと嬉しそうな表情を見せてきました。

この人とんでもなくエロいなと思いながら、さっさと挿入し、「気持ちいぃ…!!」と連呼するまなみさんのまんこに容赦なく突きまくります。

僕はもうヘトヘトだったのでスーパー早漏モードでフィニッシュすると、「はやっ!」と怒られました。

性欲の強い美人秘書、また気が向いたら連絡してみようと思います。

岡山県の女性の特徴と口説き方

エロリーエロリー

岡山県の女性はどんな特徴があるのか調べてみたよ!

岡山県の女性は、一見隙が無く可愛げが無いように見えてしまうことがあります。

これは、岡山県の女性に「完璧主義者」が多いからだそうです。

論理的な面もあり、とっつきにくい感じがしますが実は真面目で「ちゃんと考える」女性が多いのも特徴です!

 

今回の体験談のように、距離が近づけば「しっかり自分を見せてくれる」事も多いので、

相手のことを理解してあげて、誠意的に対応すれば、濃厚なセックスを体験ができます。

 

「まじめなしっかりものが出会い系をやっている」

ということを意識して、メールもデートも口説いていけば、良い結果を得ることができます。

 

男も女も合理的な考えをもっているので、

大人な関係(セフレ関係)も合意の上で作りやすい県であると言えるでしょう!

出会い系ランキングバナー