こんにちは、恋愛塾です。

以前当サイトでも掲載した年上フレンズという出会い系アプリの関連で、さらなる逮捕者が出ましたので、まとめさせていただきます。

前回の逮捕のニュース

前回逮捕されたのは詐欺の疑いで、高野祐輔容疑者ら男二人。

そして今回は……また違う理由での逮捕となります。

年上フレンズ関連でまた逮捕者が

エロリーエロリー

え、また年上フレンズ……。


メガネメガネ

関係者がどんどん逮捕されていきますね。


エロリーエロリー

これをきっかけに悪質アプリがなくなればいいのにね。


メガネメガネ

そうですね、まだまだたくさんありますからね。

悪質出会い系一覧

今回のニュースをまずご覧ください。

出会い系アプリの利用者から現金をだまし取ったとして男らが逮捕された事件で、県警サイバー犯罪対策課と浦和西署は17日、詐欺ほう助の疑いで、東京都杉並区堀ノ内3丁目、会社役員の男(41)を逮捕した。

 逮捕容疑は、出会い系アプリ「年上フレンズ」の開発や保守管理を行い、2016年8月18日~12月13日の間、運営者の男らが秋田県大仙市の自営業男性(53)から現金約40万円相当の代金請求権をだまし取る犯行をほう助した疑い。

 同課によると、男はソフトウエア開発やメンテナンスを行う会社の代表で、運営者の男らから依頼を受けて同アプリの開発に関わった。アプリは約5万2千回ダウンロードされ、1回メッセージを送信するごとに200円の料金が発生する仕組み。被害額は約5億円に上るとみられる。運営者らは女性利用者に成り済ます“サクラ”を活用していた。

 男は「システムの保守管理はやっていたが、詐欺と分かっていればやらなかった」と否認しているという。

出典元:埼玉新聞

このような形で、サクラの犯罪性などがどんどん明らかになっていくことは、とても良いことだと思います。

そして埼玉新聞のように、こうしたニュースを積極的に発信していくことは、重要な事だとも思います。

 

サクラは個人から多額の金額を奪い取るものと認識している人が多いですが、そだけではありません。

大多数から少しづつ、そしてだましやすい人からは大量に。そのようなかんじで「臨機応変に人を騙していく」ものです。そしてその手口は、日々進化していきます。

みなさまも「年上フレンズのような悪質出会い系」の被害者にならないよう、重々気をつけてくださいね。

当サイトでは、そんな被害を最小限に食い止めるために、最新のサクラの手口、そして対策をまとめた記事を無料公開していますので是非お役立てください。

サクラの手口、対策

悪質出会い系の逮捕のニュースは広まらないのは何故?

悪質な出会い系の逮捕件数は、まだまだ少なく、報道で取り扱われる規模も小さいためなかなか知らない人も多いものです。

事実、悪質な出会い系は星の数ほどあるのですが、その大半が野放し。そして被害者は皆「悪質出会い系だと気が付かずに」登録しています。だからこそ、年上フレンズの事件のように被害総額が高額となるのです。

 

「サクラに騙されてお金を使ってしまった」その被害を声にできる人は実際どのくらいいると思いますか?

多くの人が、出会い系でサクラに騙されてお金を使ったなどどいうことは、恥ずかしくて口にできないでしょう。

そして、その被害を受けた何割かの方は「騙されたことにも気がついていない」という状況……。

だから、悪質な出会い系が、なかなか消えないのです。

悪質な出会い系は逮捕摘発できるのか?

 

当サイトでは、悪質な出会い系の撲滅を目指しています。

ですが、私たちは所詮、ただの情報サイトです。

私達の力だけでは、今回のニュースを広めることは出来ないでしょう。なのでできれば、皆様の力を貸していただきたいと思っています。

被害にあわれた方、そしてこのニュースを聞いて「悪質な出会い系はなくなるべきだ」と感じた方。
自らの声を上げるのが難しければ、この記事や、今回のニュースを話題してください。

当記事はご自由にリンクしていただいて構いませんので、お気軽にご利用いただけたらと思います。

 

今回の逮捕のニュースが、少しでも知られ、悪質な出会い系の存在に多くの人が気がつけるように。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

出会い系ランキングバナー