出会い系攻略STEP4
「出会い系プロフの作り方」

こんにちは、恋愛塾の大倉 英人です。

こちらの記事は出会い系でSEXするための8STEPの第四回になります。

第四回のテーマは「出会い系プロフの作り方」

どういうふうにプロフィールを作っていけば結果が出るのか、具体的な例を交えつつしっかりと解説しましたので、是非試してみてください。

※こちらの動画は私、大倉英人が音声で解説するYouTube版になります。以下に、動画内容を記事にしたものも掲載しておりますので、どうぞご利用ください。

この記事はSTEP4です!
エロリーエロリー

STEP4からは出会い系に登録した後の話になるよ!登録する出会い系に悩んでいる人はSTEP3を見てみよう!

出会い系のプロフは作らないとダメ!

多くの方が悩む出会い系のプロフ作り。

この作業が苦手で、適当に済ませてしまう人がいますがそれではいけません。

プロフを作らないということは、女性が「あなたを選ぶかどうか判断する材料」が、他のプロフを作り込んでいる男性よりも少ないということになってしまいますからね。

しかも、プロフは「書けば良い」という単純なものではありません。

質の悪いプロフを書いている男性はまず、女性は選んでくれません。

 

男性が思っている以上に、女性はプロフを見てくるもの。

そういう前提で本日の話を聞いていただければと思います。

女性に好かれるプロフを目指す

出会い系は普通のSNSとは違い、自分の性対象となる相手に向けたプロフとなります。

多くの方は、女性が対象だと思いますので、本日は女性向けのプロフの作り方を解説します。

 

女性に好かれるプロフと言うと「イケメン」や「高収入」だと思われたくて、嘘で塗り固めた完璧なプロフを書こうとする人がいますが、それは違います。

そんな作り物のプロフは、男性よりSNSを使い込むことが多い女性という生き物には通用しません。すぐに嘘だとバレてしまうでしょう。

だからこそプロフを作る際は、以下のようなことを心がけてください。

エロを出さない!
過剰な嘘はつかない
写真は絶対にアップする
ネガティブな内容は書かない
職業や年収はある程度本当のことを書く
地域は自分の活動範囲を書く

ここを勘違いしていると、ただ「痛いだけのプロフ」になってしまいますので、ご注意ください。

エロを出さない!

これはとても大事ですね。プロフに「セフレ募集」とか書いている男性でモテている人を見たことがありません。

基本的に清潔感であったり、安全な感じだったり、男性としての優しさを伝えることがプロフ作りでは重要になります。出会い系プロフィール
エロを入れてしまうと、そういった伝えるべきことからはどんどん離れてしまいますので絶対にやめてください。

セフレの正しい作り方については、別の記事で解説していますのでまたお時間あるときにでも目を通してもらえればと思います。

初めてのセフレの作り方
※こちらの記事はSTEP8まで全て読んでから、ご覧いただくとより効果的かと思います。

過剰な嘘はつかない

嘘をついても、メールでやり取りしている間や、出会った時などバレてしまうことがありますよね。

嘘がバレた時にはあなたの信頼度が落ちてしまうので、ほんとうに危険です。

女性と出会い系内で連絡をとりたいだけであれば、注目されるために「自分をよく見せる嘘」をつくのは効果的なのかもしれません。

ですが、女性とちゃんと出会い、長く関係を続けていきたいのであれば、バレる嘘は最初からつかないほうが良いでしょう。

写真は絶対にアップする

写真は絶対にある方が良いです。あなたでも、雰囲気や顔がわからない相手とは、会いづらいですよね。

だからこそ、写真をアップしていくことはとても大切です。

 

どのような写真を用意したほうが良いのかは、当記事後半にて解説しますのでどうぞ参考にしてみてください。

ネガティブな内容は書かない

仕事や人生の愚痴は、出会い系で書いてもしょうがないことです。

あなたの価値を落とすだけなので、基本的には書かないほうが良いでしょう。

 

ただ、どうしても書かないことは書くべきです。

 

私は過去に「妊娠が出来ない身体」と出会い系のプロフに書いている女性を見かけたことがあります。

出会い系は、結婚して子供が欲しいなどという目的で利用している人もいますから、それを正直に書いているのはとても素晴らしいことだと思いました。

愚痴とは違い、自分自身のどうしようもない情報を正しく伝えるというのは、私は良いことだと思います。

ただ、そういった話が周囲からどう見えるかは意外と自分ではわからないものなので、ネガティブな情報を書くときは落ち着いた気持ちで見直して、自分が納得できた場合のみ公開するようにしたほうが良いかもしれません。

職業や年収はある程度本当のことを書く

職業、年収は「ある程度」本当のことを書きましょう。

こちらは確認しづらいことでもあるので、多少はズレていてたとしても許容範囲かと思います。

もちろん、問題ないのはバレない程度の範囲ですので、嘘を突き通す自信がない方は、あまり盛りすぎないように気をつけてください。

地域は自分の活動範囲を書く

地域に関しては、実際に女性とデートしたりする可能性のある土地です。

女性もその地域に詳しい場合がありますので、嘘をつくと話題に出た時にバレやすいので注意しましょう。

住んでいる地域をバラしたくなければ、しっかり知っている土地のことを書くと良いでしょう。

 

女性も近い地域の男性を探していることが多いので、地域情報は意外と見られていると思ってください。

会いに行くのに何時間もかかる相手だと、長続きしにくいですからね。

こんなプロフィールは消せ!

出会い系プロフィール出会い系のプロフィールには絶対に書いてはいけないことがあります。

以下の様なことは、女性に悪い印象しか与えませんので、しっかり覚えておいてください。

過激な内容
それなりな年収の人の金持ちアピール
処女限定、20代限定

過激な内容

エロもそうですが、政治や思想、宗教などの話も出会い系には不向きです。

これらの話は、女性からすれば引くだけなので、本当に無意味な行為だといえます。

 

プロフだけでなく、日記つぶやきなどでも言わないようにしましょう。

それなりな年収の人の金持ちアピール

年収1000万くらいで、ものすごくお金持ちだとアピールするのはよくありません。

出会い系は1000万も収入がなくても意外と出会える場です。

だからこそ、逆に「収入を見せつけるような行為」をすると悪目立ちしてしまうわけですね。

お金があっても、人間そのものに価値が無いと女性はついてきてくれませんので、お金だけで勝負しようとすることはやめましょう。

 

お金目的の女性を狙うなら、ありなのかもしれませんが、それはあなたではなくお金になびいているだけだということは知っておかなければなりません。

 

「出会い系の女はみんなお金目的」というような誤解をしている男性がいますが、それは女性にも、他の男性ユーザーにも非常に失礼ですので、考えを改めるようにしましょう。

 

たしかに一部お金目的のユーザーはいますが、大手出会い系では金銭目的の交際は禁止されており、アカウント削除の対象となっていたりしますので、実際多くの人が思っているほど多くはありません。

そこを見落としてしまうと、出会い系にいる「普通の女性」のことまで「お金目的」だと決めつけてしまうことになるので、結果女性から嫌がられ出会いの機会を逃してしまうというわけです。

処女限定、20代限定

これは最悪ですね。

体目的にしか見えないですし、女性を処女、年齢などで区別している感じが出てしまうので、女性からの好感度は下がると思います。

 

そうして範囲を狭めることで、ピンポイントで女性を狙うプロフづくりもあるにはありますが、基本的には女性のタイプ問わず好かれるようなプロフを作るほうが良いでしょう。

例えば

「ハゲお断り」

「低収入お断り」

「童貞お断り」

「低身長お断り」

などとプロフに書いている女性を見たら、どう思うでしょうか?

出会い系プロフィール

プロフは特定の相手しか見れないメールとは違い、誰でも見れるものですので、人を傷つけないような書き方をするのは、一種のマナーだとも言えるのです。

プロフィールに書くべき内容

では今度はプロフィールに書くべき内容を解説していきます。

  1. 挨拶
  2. 自己紹介
  3. 会話として拾える内容
  4. どんなデートがしたいか
  5. 結び

プロフはあまりダラダラ長く書かず、この5個だけを入れれば良いです。

 

特に挨拶、自己紹介は長くなりすぎないようにシンプルに纏めておくと良いでしょう。

出だしがあまり長すぎると、女性も読む気が失せてしまいますからね。

会話として拾える内容

これはディズニーランドが好きだとか、スポーツが好きだとか、女性とやり取りを始めた時に話題にしやすい情報です。

あなたの趣味の話題などでも良いでしょう。

 

ただここは日記ではありませんので、好きなことだからと言って語り過ぎには注意してください。

あくまで読んだ人に対してわかりやすく、簡潔に書くことが大切です。

どんなデートがしたいか

デートと書いてしまいましたが、言うなればこれは女性とどのような関係を築きたいかということですね。

「体目的だけではなく、将来などを一緒に考えていける女性を探している」というような雰囲気が伝わると、女性受けが良くなるのですね。

大倉英人のプロフ例

では、今までの話を総合したプロフを試しに書いてみましょう。
いきなりアップするのではなく、一度別のところで試し書きすることで、見直しなどをしやすくすることも大切です。

 

私もさきほどの「1~5」のルールで、プロフの例を一つ書いてみましたので、どうぞ参考にしてみてください。

  1. 挨拶
  2. 自己紹介
  3. 会話として拾える内容
  4. どんなデートがしたいか
  5. 結び
1)はじめまして、見ていただいてありがとうございます。大倉英人と言います。

2)普段は都内で営業マンをしています!料理と筋トレが趣味です。

3)最近は海外旅行に言ったり、ボルダリングを始めたり、同僚と都内のスイーツを食べ歩いたりと楽しく過ごしていたものの、このままではまずいと思い登録しました。

4)他愛もない内容で笑えたり、同じ感情を共有でき、支え合えるような彼女が出来たらうれしいです。

5)最後まで読んでくれてありがとう。よろしくお願いします。

もう少し書き込んでもよいのですが、サンプルとして使いやすいように軽めに書いてみました。

このプロフでは、パッと見ただけでも内容が把握しやすいことや、カフェ巡りやボルダリングなど、女性を「誘いやすい」要素を入れることを意識して書いています。

 

プロフを書く時に悩んだら、この例をアレンジするような形ではじめてみてください。

1)はじめまして、見ていただいてありがとうございます。(名前)と言います。

2)普段は(地域)(職業)をしています!(趣味)が趣味です。

3)最近は(最近やっていること)に言ったり、(新しくはじめたこと)を始めたり、(日常的なこと)と楽しく過ごしていたものの、(登録した理由)と思い登録しました。

4)(出会った女性との関係のイメージ)な彼女が出来たらうれしいです。

5)最後まで読んでくれてありがとう。よろしくお願いします。

こういう感じですね。

ペットを飼っている人はペットの話題を出しても良いですね。

3)の部分は、セフレなどの性的な話は絶対に無しにしてください。「彼女」と書くことで、女性が将来をちゃんと想像できる形が良いですね。

はじめまして→こんにちは

普段は→仕事は

彼女→恋人

などと、自分の言葉に言い換えるのも良いでしょう。自分のキャラに合わせて調整するイメージですね。

 

私は見ての通り「話しかける」ような文体でプロフを書いています。

そうすると、文体自体が柔らかくなり、読みやすくなりますのでおすすめですよ。

プロフィール写真のコツ

プロフを書く時に悩むもののひとつに、プロフィール写真があります。

全体写真、白!
自然の中の自分
ペットと一緒の自分
仲間と遊んでいる自分
基本全部笑ってること!

このあたりを用意したいところです。

それぞれのポイントをまとめると、以下のような感じです。

全体写真、白!
→全身の映っている写真、白シャツ等を選び清潔感を出す。
自然の中の自分
→海、山、リゾートなどにいる時の写真。
ペットと一緒の自分
→ペットだけの写真でも可
仲間と遊んでいる自分
→明るい雰囲気が出ると良いですね。
基本全部笑ってること!
→これは基本的なことです。決め顔や暗い顔よりも良いでしょう

人によっては全てを用意できないとは思いますので、この中からいくつか用意することを目標に始めてみましょう。

プロフィール作りは客観視を大事に

今日お話したやり方を真似してもらえれば、それなりに見れるプロフィールが作れると思います。

 

プロフィールが出来たら、一度時間を置いてから改めて見直してみると良いでしょう。

人は何かを書いているときは夢中になってしまうので、意外な見落としをしてしまうものですからね。

出会い系プロフィール

また、出会い系によっては同性のプロフィールを閲覧することが出来たりもしますので、見てみると参考になったり「これは真似しないほうがいいな」なんていう悪い例を知れたりもするのでおすすめです。

 

それでは、本日少し長くなりましたが、読んでいただきありがとうございました。

次回はプロフィール作りのさらに先、女性に送るメ-ルの作り方を解説していきます。

女性の探し方の例については、日記を無料閲覧できるPCMAXを例に解説した記事がありますので、時間のある方はSTEP5に進む前に目を通してみてください。

メガネメガネ

次回はいよいよ女性とコンタクトをとっていきますよ!

次はSTEP5です!

女性のタイプ別出会い系ランキング