エロリーエロリー

今回は、かずまささんに不倫をどうすればバレないか、ということを教えてもらったよ!


かずまさかずまさ

不倫は物凄い快感ががありますが、バレると本当に人生が終わってしまうので、十分気を付けてご利用ください。

かずまさです。今回は、私が妻に3年間バレないためにどんなことをしたか、ということをお伝えしていければと思います。

最近した会話の中で最も印象に残っている物があります。

それは上司が、

「夢はあるか」

と言う風に問い掛けて来た際の事です。

「俺は不倫がしたい(笑)」

とついつい言ってしまいました。冗談めいていて、お互い爆笑しました。

この上司普段はモテそうだけど、不倫なんてしないきっと真面目な人なのだろう。

不倫って、間違っているけどなんとも言えない快楽なのです。ひょっとしたら覚せい剤にも似たような感覚にもなります。

だからこそスリルもあるし興奮もしてしまうのだと思います。

 

そんなもの凄い快楽を味わえる不倫です。

 

しかしながら、危ない部分や怖い部分も勿論あります。だからこそ平和に不倫する為に、どうしたら良いのか私の経験から書いて行けたらなと思っています。

妻に不倫がバレる多くの理由

妻が不倫を怪しんで、追跡する

最近ではGPS、スマホなんて言うのが当たり前になって来ています。正直、機械の操作に関しては女性の方が高いように思っています。

これは実際に私が妻に助けを借りている時から感じていて、ほぼ間違いないかなと思っています。車のナビにもGPSを設置、携帯連動にされてしまったら終わりです。

また、メール・LINEにも気を付けたい所です。こちらも当たり前ですが、女性はおそらく履歴を見てしまっていることが大半です。

相手も、見てないフリをしているかもしれません。

 

そのくらい、強かな生き物だと感じています。そんな履歴を履歴だからと言って、不自然に消したら余計疑われるわけです。しかしながら追われたら終わりです。

GPSも、LINEの履歴も気にして、絶対に追えないように日ごろから気を付けていく必要があります。

匂い

少し漠然とした言い方ですが、女性には第六感のような物があります。

 

それは男には分からないのですが、時に少し恐ろしいくらい的を射ていて、ビックリさせられます。

 

だからこそ、車に付けている匂い、たばこの匂い、その相手の女性の持っている匂いなど、普段と違うと言う所に対して敏感に反応します。

だから女性の事は相当警戒しないといけないと思っています。ましてや頭のキレる子であったりすると、要注意です。

こっちが思っていないことや想定外のことを、平気で言ってきそうだからです。

 

そこに証拠を付けたり、トレースをされたりしてしまったらもう一巻の終わりです。

 

致命的です。人生を仕事を全てを失いかねない可能性すらもあります。

そんな風にならないようにすることはできないのか。次項以降で検証して行きたいと思います。

妻への嫌悪感

よく価値観の違いなどと、離婚をしてしまう芸能人カップルのニュースを耳にします。

 

しかしながらそれは単純に、価値観の違い程度のことで片づけられる程、おそらく簡単ではないように思います。

 

最終的には気持ちがなくなって行き、状態を維持することがお互いできなくなった。

だからこそ終わってしまうように思います。これは不倫も同じです。そして、不倫から離婚に至ります。

 

不倫に至るのはなぜでしょうか。妻へ、そして夫への感情の薄れにほかなりません。

ある一定水準を保ちながら夫婦関係を継続している筈なのです。

しかしながらそれがなくなれば、当たり前ですが終わってしまうのです。

不倫をバレないようにすることは可能か?

バレない様にと言うよりは波風を立てずに終わらせる方法はあるのか?

 

一見難しいように見えますが、手立てはあります。対策もとります。

 

しかしながら、それでも女性の第六感に立ち向かうのは中々難しいのです。

それこそ知恵のない単純な男は、女性から見たら子供のようなものです。

だからこそ細心の注意を払って行かないとなりません。

 

真っ向勝負してもおそらく敵いません。

変化球で行くか、その女性たちの言い分に対して言い返せるだけの準備はこちら側もしておく必要があります。

自分が気を付けていること

自分が気を付けていることを、これから列挙したいと思います。

些細なことからテクニックまで、なるだけ男性達が気持ちよく暮らして行けるような構成にしています。

現在妻と結婚して3年です。不倫と言うような行為は度々しているのですが、今のところほぼバレてはいません。

不倫相手とのやり取りのタイミングを考える

バレやすい大きな原因の一つです。消すことはできません。

しかしながら2人で一緒にいる時間帯で携帯をいじっていたら怒られます。子供みないの?となり兼ねません。

ではどうしましょうか。

 

時間帯をズラします。仕事をしている時間帯。妻のいない時間帯に徹底します。

 

もしくは、自分が休みの時などにします。この時間帯は徹底しないといけません。そうすることで自分もやり易くなるはずです。

不倫相手の方とのやり取りも当然のことながら必要です。

そもそも、こちらからしたらそれも癒しになりエネルギーになっているわけです。

相手の女性を満たし、自分も満たされるためには多少のやり取りは必要なのです。

綿密な計画を立てて、様々なトラブルを避けるためには相手の情報も必要になると感じています。

不倫相手と会う際の時間配分を考える

こちらも重要です。会う時間の確保が実は最も重要だと思っています。

ここで妻に気づかれるか、気付かれないか大きく左右するように思います。

ここさえミスしなければ、下手な疑いをかけられることもなくなるからです。

まずは、妻の休みを完璧に把握します。自分との共通の予定も把握します。

 

そして完全にフリーで妻と予定がかぶっていないことを再度確認します。

 

仕事終わりに時間を作ったりすることも良いと思います。

しかしながらバレる危険性が少なくとも出て来るので、できれば手短に会えるとより良いのかもしれません。

そして相手にも重要なこととして、妻との時間をしっかりと確保することです。

お互いをある程度満たし合うには、それなりの時間を要すると私は感じているからです。

 

そして性欲ではなく、「貴女といれることが最高の喜びだよ」と言葉にして表現してあげられたら、凄く素敵なことで、妻の評価が非常に上がるかと思います。

妻の手伝いを進んでする

当たり前のことと思われるかもしれません。しかしながら最終的に自分を助けてくれるものになります。

それは妻への貢献でしかないと私は思っているからです。どれだけ貢献して、どれだけ喜ばせられるか。それに全ては懸かっています。

お使いでも良いですし、皿洗いでも洗濯でも良いです。料理や子供の面倒をみるなんてことも良いです。

 

それらは全てポイントで加算されて行くようなものです。

 

そのポイント課金で我々は妻に少しでも貢献しておくことです。

そうすれば最悪、恋愛感情がなくなっても、一緒にいる価値くらいはあるかと思ってもらえるようになります。

男の稼ぎは最悪なくても行けるのです。女性だって人です。稼ぐことは出来るのですから。

 

今一度妻との関係性を見つめなおしてみると新たな発見があるかもしれません。

妻との話し合いになったときに、言い分を用意しておく

上記少し触れました。相手が言ってくることに対してある程度返せる準備はしておかなければなりません。

 

この証拠にはこう返そうとかこの言い回しにはこう返そうとか。そんなことになります。

しかしながらそんなもの普段から考えるのは面倒かと思うかもしれません。

しかしながら、この些細な努力を怠ると後でとんでもない目に遭います。

 

メモ書きしておく程度はできると思います。そうして日頃の行動から何か言われても自信を持てるようにします。

そうすればきっと動じないで対応できると思うのです。常にその一瞬一瞬を大切にして行きましょう。

違和感を出さない

私の場合、不倫に車を使うことが多いのですが、匂いは車の中にこもらないようにしましょう。

換気をすれば大半の匂いは消えると思います。

 

自分についてはファブリーズをやや薄めにかけましょう。

これは強めだとあからさまな変化過ぎてバレます。

 

そして、車の中の物の配置も変化してしまった状態を元に戻します。些細な変化に女性は敏感なのです。

そして帰ってからの言動や言い分などもしっかり用意しておきます。怒っている妻にも普通に接しましょう。

まとめ

とにかく決定的な証拠は握られないこと、そして残さないようにしましょう。

その為に上記様々なことを書いてきました。あとは日頃の夫婦間のコミュニケーションに尽きます。

 

同じ苗字でも、外面がどんなに良くても、結局は他人なのです。血すら繋がっていません。

分かり合う為には、納得し合う為には、コミュニケーションしかありません。それは心も体もです。

心と体をフルに使って妻を感じ取りましょう。

そうやって夫婦としての絆を高めます。常に最高の楽しい、心穏やかな日々を過ごせる為の助けに私がなれればと思います。

エロリーエロリー

かずまささん、わかりやすい解説ありがとう!妻の考えや行動を感じ取る、というのが大切なんだね。

かずまさかずまさ

結局不倫をバレないようにするには、気を付ける以外に方法はありません。徹底して痕跡を残さない。違和感を残さないことが大切です。

出会い系ランキングバナー